人類について

 昨日レッスン後に生徒と話していたこと。話題は

「人は猿から進化した。ということは人がこれから進化し続けていくと新人類が現れるはず。そうなると現人類はどうなるのか?」

 いろいろ議論が白熱したんですが、要約するとこんな感じです。 

 私の意見
猿から人に進化した。人に進化する猿がいる反面、猿もまた現存している。
ということは進化する人間と進化しない人間に分かれるはずだ。だから未来では旧人類と新人類が生まれるのではないか。そうなれば、現人類と新人類が共存する世界が生まれる。

 それに対する彼の意見
猿から人に変わる過程で類人猿は滅びた。何故か。それは人が滅ぼしたからである。自分と似ていてそれでいて存在を脅かすものに対しては攻撃するのが自然である。だから、現人類と新人類に分かれた場合、必ず戦争が起きる。その結果、今生きている現人類は滅亡するだろう。

 さて、みなさんはどう思いますか?
 
 今生きている人間同士でも傷付け合い、殺し合い、憎しみあってます。これからもその負の歴史を背負っていかなければなりません。もし、遺伝子操作によって進化した「人」が頭が良く、誠実で、利益だけで行動しないのであれば、私たちはやはり滅びなければならない種となってしまうのでしょうか。

 なんてことをふと、思ってみたりです。秋が深まってきました。ちまたで風邪が流行ってます。
体調には気をつけて、秋を楽しみましょう!!
 
 
[PR]

by tribalance_ds | 2007-10-17 13:11  

<< クラシック レセプションに行ってきました >>