人気ブログランキング |

音楽レコメンド パート5!!


 今回紹介するのはギタリスト、マイク・スターンのアルバムから1枚です。マイク・スターンは前にも紹介したジャズトランペッターのマイルス・デイヴィスとの共演で一躍有名になって今なお第一線で活躍しているプレイヤーです。

 タイトルは「ヴォイセズ」。その名の通り、今までのマイクのアルバムにはない“声”が曲に取り入れられています。これはベーシストのリチャード・ボナの影響があるようです。このリチャード・ボナというプレイヤーはカメルーン出身で、パットメセニーバンドなどでも活躍しており、彼のバンドにもその影響を与えたほど、素晴らしいプレイヤーです。現在、最も稼いでるベーシストの一人ですね。
 参加しているドラマーもヴィニー・カリウタとデニス・チェンバースという二人のトップドラマーが叩いています。デニス・チェンバースは最近のマイクの世界ツアーでも帯同してましたね。
e0106779_20193658.jpg

 内容も普通のジャズアルバムとは違い、世界感がとても広く、とてもクオリティの高いアルバムになっています。またバラード、から激しいロック調のものまで幅広い音楽性があり、そのどれもが名曲揃いです。特に1、4、9曲目はかなりお勧め。
 ちなみに、私は1曲目の「NEW WORLD」という曲に乗せて、筋トレしてます(笑)

 私はアメリカにいる時にマイク・スターンのバンドを見に行ったことがあります。それがちょうどこのアルバムのリリースツアーの最中で、ベーシストがヴィクター・ウッテン。ドラマーがライオネル・コルデューというまた豪華なメンツでした。ライブが終わったあと、すかさずアルバムを買いに行ったのですが、その時彼はとても笑顔で「サンキュー」といってサインを書いて握手までしてくれました。彼の“人”としての素晴らしさにとても感銘を受けました。一流の価値は人としての価値で決まるのですね!!

by tribalance_ds | 2007-09-16 20:30 | 音楽レコメンド  

<< 憧れ くじけること >>