人気ブログランキング |

悲報


 先日悲しいニュースが入りました。ジャズ界の巨匠、マックス・ローチが亡くなりました。
マックス・ローチはチャーリー・パーカー(サックス奏者)やクリフォード・ブラウン(トランペット奏者)のバンドなどで活躍したドラマーです。初めてジャズドラムに「ポリリズム」、いわゆる変拍子を取り入れた人でもあります。また差別運動に積極的に参加しており、南アフリカの反アパルトヘイト運動でネルソン・マンデラが開放された時、初めて話した相手がローチだったことは有名な話です。
 「Drum also Walts」って知ってますか?3/4拍子でローチがとったソロで、歴史に残る名演として現代でもよくカヴァーされています。これは彼のソロアルバム「drum unlimited」に収録されています。
e0106779_1635140.jpg


 最近、どんどんとジャズの歴史を生き抜いてきたジャイアント達が亡くなっていってますね。
悲しいことです。彼らが何を作り、何を残してきたのか。これは今、音楽を演奏する全ての人が知っておくべきことだと思います。

 て話がかたくなりましたが、とにかく残念なんですよ。生きてる間に一度見ておきたかった!
エルヴィン・ジョーンズは見れたんですけどね。そうそうエルヴィン・ジョーンズ、ホントにすごいっすよ!ってこの話は次の時に!!

by tribalance_ds | 2007-08-19 16:39  

<< 肌が・・・ 8月15日 >>