<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ラップとドラム?


 先月に、知り合いの方からサポートの依頼を受けたところ、
その内容が、ラップとドラムのコラボレーションでした!?ってなんだ?

 要はドラムとラップの二人でセッションして欲しいとのこと。口で言うのは簡単ですが、今までラップとかと音を合わせたことなかったし、しかも二人でってどうすんのかなーっと思いつつリハをしたのですが。結局何となく形はできたものの、お互い明確なヴィジョンが見えないまま本番に突入することに・・・。かなり不安でした。

 ちなみにサポートすることになったラッパー、かなりの濃いキャラでして、最初会ったときに度肝を抜かれました。私と彼の接点が全く見当たらない・・・。全く似てない!!彼はかなりごついのに、とっても優しくて、シャイボーイなのでした!しかもマジメ!人は見かけによらずとはこのことですよ!

 で、あっという間の本番間近、楽屋で二人、

 「やばいっすねぇ、どうなるんすかねぇ・・・」

 「そうっすねぇ、どうなるんすかねぇ・・・」

 てな具合にお互い不安だらけ。何しろラップとドラムのセッションですから。メロディ楽器いないですから!!

 しかーし、本番になった瞬間、お互い何かのスイッチがONに!!
 何をどういうふうに叩いたか、あまり思い出せないくらいその空気に、その音楽に、そのセッションに没頭していまして。そう、それは彼も同じでした。その二人だけの空間の中で何人も立ち入ることの出来ない、二人だけの会話をしていました。バンドでもめったにないくらい自分が高揚していました。本番ではリハでは絶対出てこない、「何か」があります。それを見つけるか、見つけられないか。そこで、ライブの良し悪しが決まるといってもいいでしょう。私達は、その「何か」を同時に、そして同じ「何か」を見つけ、それを共有したのです。それは聴いている人にも伝わったようで、終わってからもいろいろな人から賛辞の言葉をいただきました。 

 今回ライブしたのは渋谷の「LUSH」というライブハウスで、私は始めてプレイしたんですが、
そこの店長さんは実はシナトラというバンド(私のバンドと仲のいいバンド)のドラマーと知り合いでした。シナトラのドラマーは私も知っていてとても話が弾み、しかも打ち上げの時に、ギミーシェルター(ローリングストーンズのオフィシャルグッズショップ)のKさんも来て、おおいに盛り上がりました。ちなみにこのKさん、バンドのアルバム発売の時に、コメントを書いていただいたり、ライブにも足を運んでいただいたりと、何かとお世話になっている人です。

 今回はなんともいろいろな出会い、驚き、発見があったライブでした。いやー、ホント当日のリハの時はどうなるかと、ひやひやしましたが・・・。結果オーライってことですな!!
 
これが私と、一緒にプレイしたラッパー、ねぎ君です!似ても似つかないでしょ!
                             ↓
e0106779_131650.jpg

[PR]

by tribalance_ds | 2007-10-31 01:36 | イベント  

クラシック


今日クラシックのドラムの奏法を間近でみる機会がありました。そもそもドラムというのはクラシックにはなくて、小太鼓になるのですが。私はドラム特有の奏法をずっとやってきただけにクラシックの奏法は全く分からなかったんです。
それで、なるほどーっと勉強になることがたくさんあったのです。
 
 例えば、曲が始まる時の最初のカウントのとりかた。
 ・ドラムでカウントをする時はよくスティックをかち合せながら、声に出して「1、2、3、4!!」
て曲をはじめることが多いです。
 ・クラシックでは叩く前にブレス(息を吸う)をする。

 何故違うのか。それはクラシックには指揮者がいるからです。そして管楽器があるので、演奏者全員のタイミングをそろえるのにはブレスするのがとても有効なのです。
 逆にドラムセットでカウントをするのは、ドラマーがクラシックでいう指揮者の役割を果たしているからでしょう。また聴いている人が曲のリズムをとりやすい、、とかパフォーマンス的な要素も含まれています。

 もう一つ、シングルストローク、ダブルストロークの見解。

 昔記事で書いたシングルストローク、ダブルストローク。これらはドラマーには欠かせない大切な基礎ですが、クラシックではシングルストロークロール、ダブルストロークロールという考えを持っています。ロールというのは一打一打を速く叩くことによって「ザ~」という波のような音をだす技術です。
 私はシングル、ダブルとロールというのは離して考えていたのでこれにはビックリしました。

 
 これらの気づきは、私にはとても新鮮でした。ドラムという楽器のことについて、また少し深く知ることができました!!

   
[PR]

by tribalance_ds | 2007-10-23 23:30  

人類について

 昨日レッスン後に生徒と話していたこと。話題は

「人は猿から進化した。ということは人がこれから進化し続けていくと新人類が現れるはず。そうなると現人類はどうなるのか?」

 いろいろ議論が白熱したんですが、要約するとこんな感じです。 

 私の意見
猿から人に進化した。人に進化する猿がいる反面、猿もまた現存している。
ということは進化する人間と進化しない人間に分かれるはずだ。だから未来では旧人類と新人類が生まれるのではないか。そうなれば、現人類と新人類が共存する世界が生まれる。

 それに対する彼の意見
猿から人に変わる過程で類人猿は滅びた。何故か。それは人が滅ぼしたからである。自分と似ていてそれでいて存在を脅かすものに対しては攻撃するのが自然である。だから、現人類と新人類に分かれた場合、必ず戦争が起きる。その結果、今生きている現人類は滅亡するだろう。

 さて、みなさんはどう思いますか?
 
 今生きている人間同士でも傷付け合い、殺し合い、憎しみあってます。これからもその負の歴史を背負っていかなければなりません。もし、遺伝子操作によって進化した「人」が頭が良く、誠実で、利益だけで行動しないのであれば、私たちはやはり滅びなければならない種となってしまうのでしょうか。

 なんてことをふと、思ってみたりです。秋が深まってきました。ちまたで風邪が流行ってます。
体調には気をつけて、秋を楽しみましょう!!
 
 
[PR]

by tribalance_ds | 2007-10-17 13:11  

レセプションに行ってきました


 毎月、柏でセッションをしているところがあります。私も足しげく通っていて、何人か生徒も行ったことがあります。そのセッションのお店を経営している会社が同じ柏で、新しくお店をオープンするということでした。それで、昨日そのレセプションに行ってきました。レセプション自体は先週の木曜日からやっていて昨日が最終日。それで毎月やっているセッションみたいなものを
そこでわいわいやっちゃおうということで、機材を無理やり持ち込んでみんなで演奏しちゃったわけです(笑)
e0106779_14104237.jpg

 セッションをしているお店は音響設備が整っているライブバーなのですが、その新しいお店はとてもおしゃれなレストランでした。バーカウンターのようなものもあるし、カフェみたいなソファでくつろげるスペースもあったり、いろいろ工夫をしていて感心しました。しかも、ランチ、ディナー、バータイムと時間帯が多くあって便利です!!

 ってお店の宣伝してますが、機会があればぜひ行ってみてください。とても気持ちの落ち着く感じの場所なので!!

ちなみにホームページアドレスはこちら
  
http://officered.jp/blue/
[PR]

by tribalance_ds | 2007-10-15 14:13 | イベント  

セール


 昨日、渋谷のイケベ楽器店にて、セールがあったので行ってきました。
イケベは秋葉原にも大きなドラム専門店があります。そこでは春にセールがあって行ってきたのですが(Aカスタムのライドを買ったのはその時です)。
で、今回は渋谷ですね。
 秋葉原ほどは大きくないのですが、品揃えはなかなかです。入ってすぐ目にとまったもの、それは中古の「Aカスタム16インチクラッシュ」でした。なんと7,800也!!
うーむ、これは・・・。と迷いつつ、ロゴとかがけっこう落ちていたのでやめました。他にもラディック社のスネア402シリーズとか(これはドラマーであれば一台持っておいてもいいくらい有名、音が鳴りやすい)あったのですが、微妙だったのでこれも買わず。
結局何をしたかというと、50万円くらいする電子ドラムを試奏しまくりました。これ、かなり面白くて、音色だけで何十種類もあり、叩き方で異なる音の微妙な違いも再現可能。こりゃすごい!!欲しい!でも怖くて買えなかった・・・
 で、最終的に何を買ったかというと、普段使用するスティックだけでした。しかもそれはセール対象でなく、定価で買いました(泣)

 でも、やはりセールというのは物色しにいくようなものなんで、買う買わないにかかわらず、楽しめるものです。 

セールなのに定価で買ったお気に入りスティック「TAMA O215B」定価714円也!!
                  ↓
e0106779_2315682.jpg


 
[PR]

by tribalance_ds | 2007-10-08 23:16  

ブラスト!!

 
 少し前の話になるのですが、ブラストっという音楽パフォーマンス集団のショーをみてきました。もしかしたtら知ってる人もいるかもしれないですね。一人日本人のドラマーがいて、けっこう話題になったりして。
 で、実際、どうだったかというと・・・素晴らしい!!
音楽としてのクオリティも高く、なおかつ見せる、魅せる!!
 同じ人がいくつもの楽器をこなしてたり、楽器吹きながらダンスしたり。
すっげー!!と感激してしまいました。
やはり特にドラムのパフォーマンスを見てたんですが、これがまた一段とすごくて。
ドラムコーといって、マーチングとチアダンスを混ぜたようなものがあるんですが、真っ暗の中、スティックに蛍光塗料が塗ってあって、それでスティックの動きしかみえない。それが何人も一緒に演奏してるので、大したことをやっていないのに何故かとてもかっこいい。
日本のドラマーの人もうまかったな。ジャグリングなんかひょいひょいするんですけど、必死に盗んでやろうと、今練習中ですよ(笑)。

とにもかくにも、彼らは「音を魅せる」ことをしてくれました。とても勉強になりましたね。
驚愕の彼らのパフォーマンスはこちらで!(ドラムのみ)
http://jp.youtube.com/watch?v=186Fdc59tWY
[PR]

by tribalance_ds | 2007-10-01 23:46