<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

素晴らしい音!

e0106779_22174094.jpg


 今日、秋葉原にある有名楽器店に行ってまいりました。一緒に行ってくれたのは生徒のK君。
彼のことはいずれ、ブログで紹介しますね。

 さて、今日は店に着くなり、スネアドラムを試奏しまくってしまいました。カーボン素材のものや
初めて叩いたザラという素材のもの、さらにはヴィニー・カリウタモデルやら・・・。

 それぞれが強烈なキャラクターを持っているんですよね。例えばザラという素材のスネアはBLADYていう会社が作っているんですが、そのなかのBLOCK SHELLっというもの。
 
本来スネアのシェルは「プライ」で作られています。
 シェルというのはスネアの胴の部分。
 プライというのは薄い板を張り合わせていくもの。6プライならば6枚、10プライならば10枚です。だからプライ数が多ければ厚くなるんですね。 
 
 しかし、このBLOCK SHELLはを木を同じ厚さで切ってそれを張り合わせてシェルを作るやり方なんです。これがまたすごい太い音がなるんですよ!!驚きました!!ライブで叩いたらかなりの存在感がでるでしょうね。

 そんな中で、一つすごく気に入るスネアがあったんです、それが上の写真のスネアです。
これはオレンジカウンティという会社のもので、とっても特殊な作り方をしています。それはシェルがスティールで作られているにもかかわらず、補強材としてメイプルという素材の木を取り入れていること。それによってシェルの間に空洞ができて、素晴らしいサスティーンが得られるんです!!百聞は一見にしかず!ということで機会があるかた、ぜひ試してみてください!!ホントに音抜けが良く、ハイもローもしっかりでます。気になる値段は・・・実際かなり高いです(苦笑)
 お金貯めなきゃ・・・
[PR]

by tribalance_ds | 2007-07-29 22:35  

こりゃすごい

 
 先日、よく立ち寄るサンクスでこんなものが売ってました!!
e0106779_13142819.jpg


 なんと400グラム!368円なり!!相当ロックしてますね、このプリン。
最初はパクパク食べていたんですが、半分くらい食べてだんだんと気持ち悪くなり・・・
最後まで食べきれませんでした・・・
もともと、インターネットで有名になったらしく、今は限定で販売しているようです。
もし、プリン好きの方がいたら、ぜひチャレンジしてみてください!!
[PR]

by tribalance_ds | 2007-07-27 13:18  

町田にて、スクール開始!!


 ついに!8月から町田にてトリバランスドラムスクールを開校することになりました。
スクール開校にあたり、ゲイトウェイスタジオのスタッフ皆様にはに大変なご助力をいただきました。この場を借りて、お礼を申し上げます。

 これからも、全力でレッスンをやっていきますので、よろしくお願いします!!

 というご報告なのですが、町田に行ってきたときに時間があったので町田の駅前をブラブラしてみました。思った以上に栄えていたのにびっくりしました。休日なんかにショッピングするのには最高ですね。町田近辺に住んでいる方は、都内まで行く必要なんかないでしょうね。

 これから、レッスンの空き時間なんかはちょこちょこ行ってしまいそうな・・・

 さて、この町田スクールでの記念すべき生徒第一号は・・・後々に紹介します。乞うご期待!!
[PR]

by tribalance_ds | 2007-07-23 23:11  

映画!!


 昨日、以前バンドのPVでお世話になったTさん(映像ディレクター)が初めて作ったという
映画を観に行きました。このTさん、いわゆる撮影バカです!PVを撮ってもらった時も、決して妥協することなく、自分のイメージを具体化するためには、食事も後回し。時間との勝負!と言わんばかりに、どんどん撮影していきました。寒かろうが、暑かろうが、あまり関係ないんですね。それよりどうしたら良い映像がとれるか、そればかり考えているんです。正直脱帽しました・・・
 そんなTさんが、以前から撮ってきていた初めての映画が完成したので観に来て欲しいとの連絡がきたんですね。早速観にいったわけです。
内容は、死ぬ前にみるという走馬燈。これを題材にしたものでした。

 主人公の女性が飛び降り自殺するところから始まります。何故自殺するかは分からないのですが、その飛び降りてから死ぬまでの5秒間にみる走馬燈、それは5ヶ月間の物語でした。
走馬燈の中で、主人公は一人の少女と、一人の青年に出会います。二人とも主人公とまるで違った性格でした。しかし、話していくうちに実は、心の奥底に隠れたもう二人の自分であることに気付きます。つまり、主人公は今の自分、そして隠れている自分、なりたい自分、それら全てが自分であったのです。しかし、それに気づいたのは既に遅かったのです。最後に主人公がたどり着く場所、それは・・・


 とても見所満載の面白い映画でした。ところどころで、Tさんっぽい映像もあって、
「あ、今のTさんぽいなー」などと勝手に笑っていました(笑)

 この後、彼は海外を旅して世界中の映像を撮りに行くそうです。帰ってきたとき、彼が何を見て、何を感じ、何を撮ってくるか今からとても楽しみです!!
[PR]

by tribalance_ds | 2007-07-16 01:26  

電車で


 先ほど、電車に乗っていました。運よく車内は空いており、席をゲット!ゆうゆうと読みかけの本をめくっておりました。すると、途中でおばあさんとおばさんの中間ぐらいの三人組が乗ってきました。隣の二つの席が空いていたので、二人が座りました。ここで、一言

 「どうぞ」 

 とは言ったものの最初はやはり、遠慮するもの。

 「いえいえ、いいですよー」

 と。いやいや、ここで引き下がるわけにはいきません!強引に立って席を手で示すと

 「ホント?ありがとうねー」

 と座っていただきました。

 いやー、気持ちいい!!これぞ、セッションってやつですね!!


 と、その後に乗り換えの電車に乗ると、またしても席が空いていました。ラッキー
と思っていたらふと

 「すいません」っと上から声が。
 何だ?と思って見上げるとかっぷくのいい若い男性が席を座りたげに立っていました。 
 なんだ、座りたいのかっと思い、席を詰めると男性は座れたのですが、

 あれ、なんか窮屈ぞ?

 ふと見てみると、7人掛けのところに男性含めて既に8人も座っている!!
 しかも今座った男性、かなり幅あるし。しかし、今更席を立つのもなんか変な気がして
座っていました。なんでそんな座りたかったんだろ?

 しかもこの男性、私、かなり興味そそられました。
せまいのに窓を見たいらしく、体を無理して反転させようとするわ、きょろきょろするわ、団扇で腕をパチパチ叩くわ・・・。かなりのインプロビゼーション!しかし、誰もついていけない!!
世の中には不思議な人がいるもんです。
 みなさん、マナーを持ちましょうね(苦笑)
[PR]

by tribalance_ds | 2007-07-09 23:55  

継続は・・・


 力なり!と言います。今、みなさん昔からずーっと続けていることってありますか?
私は、学生時代、ずーっとトロンボーンをやっていたんです。それこそドラム歴より長いくらい。
ブラスバンドに入って、マーチやらクラシックの曲やらを練習してました。卒業してからは辞めちゃったんですけどね。
 最初は楽器を始めた人も多くて、ブラスバンドは大勢いるんですが、そのうちだんだんと辞めていっちゃうんですよ、一人やめ、二人やめ・・・って。
で気づいたら周りには2、3人くらいになっていて。でもその残った2、3人とは「同じ釜の飯を食う」仲間になるんです。それこそかけがえのない友に。
 何かを継続することは、自分の成長の他に、とても大切な宝物を残してくれるんです。

 何事も諦めずにやり遂げること。これこそ、プロフェッショナルへの近道だと確信しています。

 ちなみに、今、わたくしは、毎日「腕立て、腹筋、背筋」を継続しております。スポーツしていないと体がなまっちゃうので(笑)けっこうつらいんですね、これが。でも続けますよー!!

 
[PR]

by tribalance_ds | 2007-07-06 00:20  

上半期終了!!


 今年もあっという間に6ヶ月が過ぎてしまいましたね。
本当に早い6カ月でした。この前まで寒いなーっと思っていたらもう梅雨も半ば、夏到来ですな。

 ふと、この半年を思い返すと何もなかったようでいろいろなことがありました。
ツアーで全国を回ったり、レコーディングしたり、セッションしたり。
ライブなり、レコなり、セッションなりっていうのは、変わらずしていることですが、
一回一回のそのプレイで、プレイする場所は毎回違います。そしてそこで出会う人々も。
 
 この半年でいろいろな出会いがありました。それは一つ一つが私にとって大切な出会いになっています。その中でも印象的な出会いだったのは、セッションで出会った臼井君でした。
 もともと彼とは、以前から知り合っていたので、出会いというよりかは再会なのですね。スティーブ・スミスのセミナーで久しぶりに会った後、すぐセッションでまた会いました。そこでの彼のプレイは私にとても刺激を与えてくれました。そしてそれ以上に彼の礼儀正しさにも感心しました。今まで知らなかった彼の「人間性」と触れ合えたのです。出会い直したっと言った方がいいかな、
私はその日の出会いで、とても大切なものを彼からもらいました。

 出会いはいつ、どこであるか分かりません。だからいつでも心を開いていたいっと思うのです。
今年、もっといろいろな人と出会うでしょう。その出会いを大切にしていきたいですね!!
[PR]

by tribalance_ds | 2007-07-02 01:36