<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

音楽レコメンド、パート3!


 さて、今回紹介するアルバムはジャズの巨匠、マイルス・デイビスからの1枚です。

 「kind of blue」

 このアルバムの名前を聞いたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

 このアルバム、どこがすごいかって言うと単に演奏がかっこいいんです。マイルス・デイビスはクールジャズからの流れを汲んだような、大人っぽくおしゃれな演奏をこのアルバムでもしているのですが、緊張感がありつつもクールな演奏で、聞いていてあきないんですよ。しかも演奏しているミュージシャンも一流です。ちなみにドラマーはジミー・コブですな。
 アメリカに留学して初めて買ったCDがこれだったのですが、何十回と聞きなおしているCDです。
e0106779_1512636.jpg

 

 このアルバム、演奏がかっこいいだけではないんです。いわゆるモードジャズの頂点とも言われている作品なのです。

 はて、モードってなんぞや?

 そう、モードって良くわからんですよね。
 ビ・バップやクールジャズというのは曲のコード進行に沿ったアドリブを演奏するのですが、モードというのはスケール(音階)によってアドリブをする手法です。コード進行によるアドリブは使える音が制限されてしまいますが、コードではなくスケールを使うので、自由度が高くなるんですね。これをモードジャズと言います。
 
 一度聞いてみてはいかがですかな!!
[PR]

by tribalance_ds | 2007-06-27 01:59 | 音楽レコメンド  

信号機

 今日、何気なく歩いていて、ふと気づいたことがありました。

「信号機ってなんで赤、青、黄なんだろ?」

 てことで、調べてみました。


 色が赤・青(緑)・黄になっているのは、日本だけの規格ではなく世界標準なものなんです。
そして、それを決定しているところは、CIE(国際照明委員会)という組織です。(そんな組織あるの、初めて知りました・・・汗)
 実はCIEで規定している信号の色は、赤・緑・黄・白・青の5色!!
といっても普段使われている信号の色は、赤・緑・黄の3色、白や青は航空信号等に使われているようです。外国の緑信号は緑色ですが、日本では色弱者に配慮してCIE規格の緑の色度範囲の中でもなるべく青に見えるような色度を採用しているそうです。

 と、なるほどなーっという感じです。他にも実は縦向きと横向きがありますが、雪が降る地方では縦向きが多いとか、右通行の国では赤と緑が逆だとか、いろいろ勉強になりました!!


 普段、何気なく素通りしてしまうことってたくさんありますよね。ふと見逃していること、つい見過ごしていること、って結構あるんですよ。気づいたことをそのままにせず、その場で何かアクションを起こすと、返ってくるプレゼントは大きいものかもしれませんよ!!
[PR]

by tribalance_ds | 2007-06-19 17:36  

ついに購入!!


 先週、ついに欲しかったシンバルを購入しました!その名も

 「Aカスタム プロジェクションライド 21インチ!!」

 Aカスタムはヴィニーカリウタがプロデュースしたジルジャン製のシンバルで
その中でも一番大きい音が出るライドシンバルです。
元々、Kジルジャンを持っていたので、違う音色が欲しかったんです。昔からお店に行く度にいろいろなAカスタムのシンバルを叩き分けていたのですが、このプロジェクションライドの音が一番好みだったんですよね。

 その念願のシンバルを購入、早速叩いてみましたが、

 うーん、最高!!

 これで、プレイも2倍良くなるでしょー(笑)
[PR]

by tribalance_ds | 2007-06-12 15:26  

ジャムで暴走!!


 毎月柏にて行われているセッションによく参加しているのですが、先週そのセッションに行ってきました。

 そこで、昔からの知り合いのU君とばったり!!といっても昔からの知り合いが連れてきていたんですが。彼とはもう7~8年前に当時師事していた人からの紹介で知り合いました。
当時、まだ中学生だったような・・・その後、アメリカに行ってからお互い音信不通が続いていました。それがこんな形で再会できるとは!!

 早速、彼のプレイを拝見させていただきました。ていうか、すごい!!

スティックを回す回す!!

くるくるくるくる~!!

会場、大盛り上がり!!

ブルースやってるのに、雰囲気違うけど、とりあえず面白い!!

 完全に彼のワールドを作りあげていました。いやー、感服!

しかし・・・、待ってましたとばかり、その後とセッションが私に。
緊張しましたー。ていうかやりにくい・・・
とは言いつつも、私も彼に触発されて、全開バリバリモードで叩きまくりました。
ドラムソロなんかは、もう暴走してしまって。

俺もくっるくる回してやるぜ!

とやろうとしたら、見事失敗!!

スティック2本くらい落としてしまいました(笑)

でも、楽しかったですねー。また彼とセッションという場で会いたいですね。
その場限りの音、それがセッション。また来月も楽しみです!!
[PR]

by tribalance_ds | 2007-06-08 23:00 | イベント  

タカタキタ・・・?


  先日のスティーブスミスのクリニックのことです。
 プレイをしている最中、いきなりスティーブが口で

 「タカタキタタカタキタタカディミ・・・」

 なんてことを言い出しました。普通に聞いたら、なんだこりゃ?ですね。
 実はこれ、ドラマーではよくある「カウント」の一つなんです。

 カウントというのはリーディングの譜面の練習の時なんかに、譜面を叩きながら
 「ワン、トゥー、スリー、フォー、ワン、トゥー、・・・」
 と声に出しながら練習するんです。これによってリズム感を養うわけです。

 ではスティーブが言っていたこのカウント法。どういうことなんでしょう?

 実はこれ、私がアメリカにいた時にもやったんです。変拍子の授業でしたね。
 当時教わっていたラルフ・ハンフリーもこのカウントでやっていました。
 
 カウントの仕方が三つあって
 ・タカ 
 ・タキタ
 ・タカディミ
 
 に分かれます。文字数を考えると
  
 タカ=2
 タキタ=3
 タカディミ=4
 
 になりますね。要はその組み合わせなんです。

 例えば1小節16分音符で考えると全部で4×4=16個あります。

 それを5、3、4、4、で分けます。5は2と3に分けるので

 「タカ、タキタ、タキタ、タカディミ、タカディミ」

 となります。それをいろんな組み合わせで歌ったりするんですよ。
 スティーブはこれをかなり早いテンポで口で歌ってたわけです。
 これにはいろいろな応用ができます。みなさんも口に出して遊んでみてください!!
 
[PR]

by tribalance_ds | 2007-06-01 14:30