マッチド?レギュラー?

e0106779_13242795.jpg

 基本的に使われるグリップとしてあげられるマッチドとレギュラー。実際どっちが使いやすいんでしょうか?
 左の図はマッチドグリップで握った状態です。特徴としては左右が対象であることが挙げられますね。そのため、両手の動きは均等になり音粒がそろいやすいです。
 
 そのマッチドグリップ中にもフレンチ、ジャーマン、アメリカンという3種類あります。
 フレンチはスティックが平行になるくらいそろえます。手がのけぞった形になり、親指が上に向く状態になります。
 ジャーマンは逆にスティックの角度を開いて手の甲が上を向く状態にします。脇が空いて、手が一直線になります。
 アメリカンはフレンチとジャーマンの中間あたり。ちなみに図はアメリカングリップです。
それぞれ特徴はあるのですが、私はアメリカンを勧めています。というのはアーム、リスト、フィンガーなど、全てのストロークに柔軟に対応できるからです。アームはジャーマン、リストはアメリカン、フィンガーはフレンチ、とそれぞれのグリップでやりやすいストロークが違うのですが、アメリカンだとフレンチとジャーマンの中間なので、それぞれのストロークに対応しやすいのです。
このマッチドグリップ。特にポップス、ロックで使われることが多いです。というのも一打のショットのボリューム、パワーはレギュラーの比でないほどでかく、そして叩きやすいです。しかも細かいコントロールも可能なので、まさに万能タイプと言えるでしょう。最近のドラマーの多くはこのグリップを使っていますね。
 e0106779_13425847.jpg

 さて、このマッチドグリップに対するのがレギュラーグリップ。左図がレギュラーグリップで握った状態です。マッチドに比べると、左の角度が開いて、対称になってませんね。もし、レギュラーの角度に合わせようとすると右手をジャーマングリップに変えないと駄目なのですが、それはお勧めしません。そもそもレギュラーはマーチングでドラムを斜めにした時に叩きやすいように開発されたものなので、打面が平らになったとき、こうなってしまうのはしょうがないからです。
 さて、このレギュラーグリップ。これがかなりやっかいなんです。持ち方、ショット、全てにおいてマッチドと違うので左手のみでレギュラーの感覚を掴まないといけないんです。しかも初めてから数ヶ月は手の皮はぼろぼろになります。スネアをリムショットするとかなり骨に響きます・・・


 じゃあ、マッチドでいいじゃんって?そうなんです。その通りです。確かにそうなんです!
しかし、今世界に名だたるドラマーの多くはレギュラーグリップを使っているんです。ヴィニーカリウタ、スティーブスミス、ヴァージルドナティ、トーマスラン・・・etc

 フワイー?何故?

 まあ、理由はいくつかあるのですが、

1、かっこいいから
2、細かいニュアンスを出しやすいから
3、なんとなく

 てな感じでしょうか。何をかくそう私も始めたのは叩けるとかっこいいかなー、なんていう軽い気持ちでした。実際ロックドラマーで叩いてるとかっこよかったりするんですよねー。ヴァージルドナティなんかとんでもない迫力ですよ!

 テクニカル的な面で言うとマッチドより細かいニュアンスが出せるのですねー。ジャズなどボリュームが比較的小さい音楽などで、いろいろな音の表現を出したい時、レギュラーのほうが、圧倒的にコントロールしやすいんです。 トニーウィリアムス然り、エルビンジョーンズ然り、ジャズドラマーのほとんどはレギュラーを使っていますね。

 つまり、それぞれのグリップにはメリットデメリットがあるんですよ。一番良いのはそれぞれを使い分けること。かといって無理にレギュラーもマッチドも練習する必要があるとも思いません。
要はレギュラーかマッチドか、どちらが自分に適しているかを見極めること。それを前提にして、いろいろなグリップを試してみると面白いと思いますよ!!

                                     Enjoy yourself!!

 
 
[PR]

by tribalance_ds | 2007-02-16 13:26 | その他  

<< おっ! フットサル >>